成分

リンキーフラットの成分が怪しい?まさか驚きの○○が入ってるとは!

投稿日:2018年6月1日 更新日:

リンキーフラットの成分が怪しい

リンキーフラットが1分でピーンとなるのは怪しい成分が入ってるのでは?と思いませんか。何年もかけてできたシワが1分で変化するなんておかしい。しかも使い続けてるうちに、すっぴんでもシワが目立たなくなるなんて・・・・

怪しい成分が入ってるとしか思えない、と不安になって調べてみると・・・・なんと驚きの○○が入ってるではありませんか。

 

その○○というのは塗るボトックスのことです。成分表をみると【アセチルヘキサペプチド-8】と表記されてます。

リンキーフラットの成分を今すぐチェックしてみる
↓ ↓ ↓

1分でピーン! 魔法のような速効ジェル『リンキーフラット』

 

アセチルヘキサペプチド-8とは

 

アルジルリンといわれてシワ取りクリームなどに配合されている人気の成分です。シワを作る原因を抑制しだんだんシワが形成されないようにするはたらきがあります。

 

ボトックス注射の代わりに開発されたものですが原料はまったく違うもので作られてますから副作用やトラブルの心配なく利用できますよ。

主に表情ジワの改善に効果的です。

アルジルリンを開発したのはボトックス注射をやってはいけないと禁じられている珍しい国スペインです。でもシワに悩む女性はスペインでも多いので製薬会社がいろいろと研究しアミノ酸を組み合わせて作ったペプチドを原料で開発。

 

ボトックス注射の働きに似た成分です。今では世界中の女性のシワ消しに役だっています。

アセチルヘキサペプチド-8は1分でシワをピーンとさせる成分ではなく、継続することでシワを目立たなくさせる作用があります。

 

リンキーフラットを使ってるうちに塗ってない時もシワが気にならなくなるのは、このアセチルヘキサペプチド-8のおかげです。怪しいものではありませんでしたね。

 

私が次に怪しいと思ったのはフィルムスムーザー成分です。

 

このフィルムスムーザーが1分でピーンとさせる働きを発揮する、ということです。名前からして写真のフィルムに使う成分ではないかと調べてみました。

 

詳しく調べて分かったのは原料が1種類ではないことと植物などから抽出したものを組み合わせてできたものということです。

 

フィルムスムーザー成分とは

そこで1分でシワを伸ばす成分は何なのか、副作用は起こらないのか、ということを徹底的に調べてみました。

 

まず最初に副作用についてですが、その心配はありません。もともとリンキーフラットは医薬品ではないのすから強い成分は含まれていません。

 

安全性の高い成分を独自に組み合わせて魔法の力を発揮。

 

たった60秒でピーンとさせてくれるのはフィルムスムーザー成分です。

フィルムスムーザーはどんな働きをするでしょうか?わかりやすく言うと塗って1分の間にシワの溝に入り乾いていくことでだんだんと溝を伸ばし手行く働きをします

 

詳しくしらべる前は最初はどんな合成成分なんだろう、と思っていたのですがふたを開けてみると、天然の植物由来の成分を組み合わせたものでした。最近になっていろんなメーカーから登場してる速効性があるシワ消しクリームなどにも入ってますよ。

 

フィルムスムーザー成分は

・カラスムギ殻粒エキス
・加水分解ゴマタンパク
・プルラン
・ポルフィリジウムクルエンタムエキス

などをミックスしたものでしょう(個人的な意見なので参考程度にしてください)

 

カラスムギ殻粒エキスの原料はオーツ麦といいオートミールとして食べられてるものです。加水分解ゴマタンパクはゴマ由来。

 

プルランは別名「食べられるプラスティック」といわれます。口臭予防の清涼フィルムをはじめグミなどのお菓子にも入ってます。

じゃがいもやとうもろこしのデンプンに黒酵母と呼ばれる微生物をかけあわせ発酵させる過程でできる多糖類です。安全性が確認されてるため使用制限のない食品添加物です。

ポルフィリジウムクルエンタムエキスは海に生息する赤い藻類から抽出される多糖類です。

これらのフィルムスムーザー成分はシワをピーンと伸ばすとともに皮膚の表面に皮膜を形成し水分蒸発や外からの刺激から肌を保護する働きもしてくれます。

 

フィルムスムーザ―成分も怪しいものではありませんでした。これのおかげでシワはピーンとなりますが、洗顔をするともとに戻ってしまいます。ガックリしますが根本的にシワ改善に導く成分もプラスしてるのがリンキーフラットです。

 

根本的にシワを改善に導く成分

根本的にシワ改善に導く成分がアセチルヘキサペプチド-8やセラミド、フィトスフィンゴシンです。
シワやたるみを目立たなくしながら本格的にケアしてくれる頼れるシワ消しジェルです。塗って1分で一気にシワが目立たなくなるという魔法のようアンジェルだけにどんな成分が入ってるの?って気になります。

 

セラミドとは

 

セラミドは肌に潤いを与えてくれる保湿力が高い成分です。ヒアルロン酸は肌の奥の方に存在する保質成分ですがセラミドは表皮に存在量が多いです。

 

セラミドがたっぷりあると潤いのある肌が維持され乾燥小じわができにくいですが、年齢が重なってくると生成量が減少していきます。

 

セラミドが少なくなった肌はどうしても乾燥し小じわやちりめんジワが増えてくるでしょう。そこで外から補充しなければなりません。

 

たくさんの種類があるセラミドの中で人が持ってるものによく似たものを厳選して3種類配合しています。それが

・セラミドNP
・セラミドAP
・セラミドEOP

 

この3種類が減少していくセラミドを補い、細胞と細胞のスキマを埋めてくれます。

 

細胞間のスキマがすくなくなると内側の水分が逃げださず、外からの微粒子を内側に入れない保護的な作用が高まりトラブルが少なくなるでしょう。

 

フィトスフィンゴシンとは

肌に悪影響を与える菌の増加を抑えまがらセラミドによく似た働きをしますしセラミドと仲良し。原料は天然の植物由来なので安全性は高いです。

 

フィトスフィンゴシンは保湿力があるので乾燥小じわやちりめんジワの予防になります。抗菌と抗炎症の働きもあるのでニキビ肌やアトピー肌にも使えます。

 

そのほかの成分

これまでフィルムスムーザー成分やアセチルヘキサペプチド-8、セラミド、フィトスフィンゴシンなどの働きを説明してきましたが、そのほかの成分も気になります。

調べてみると植物由来の成分が多いことがわかりました。

・カンゾウ根エキス
・チャ葉エキス
・ローズマリー葉エキス
・カミツレ花エキス
・ツボクサエキス
・オウゴン根エキス
・イタドリ根エキス

など昔から生薬やハーブとして活用されてたエキスがたっぷり含まれています。

 

基本的に安全性が高い成分で作られてることがわかりましたが、肌の状態は日々変化していくものです。季節の変化で不安定になったり体調やホルモンの影響を受けることもあるでしょう。

 

おもわぬ反応をすることもあるので、リンキーフラットを使う前にパッチテストをして肌への反応を確認してから本格的に使いましょう。

 

もし肌に合わなかった場合が心配なら、30日間の返金保証が付いている10%引きのお試しコースで始めると安心です。

 

⇒リンキーフラットのお試しコースの詳細はこちら

 

リンキーフラットは、年齢やダメージで現れる目もとや口元の小じわや額の横ジワ、ほうれい線などを1分で目立たなくさせるお役立ちのアイテムです。

 

ただシワを目立たなくさせるだけでなく、予防や改善も期待できる成分がたっぷり入ってるので長期使用することでマイナス10歳を目指しましょう。

リンキーフラット全成分
水、BG、ベントナイト、グリセリン、ケイ酸(Na/Mg)、1,2-ヘキサンジオール、ヒドロキシプロピルメチルセルロース、ジグリセリン、キサンタンガム、ホウケイ酸(Ca/Na)、温泉水、カラスムギ穀粒エキス、ツボクサエキス、オウゴン根エキス、イタドリ根エキス、アクリレーツコポリマー、酸化銀、カンゾウ根エキス、チャ葉エキス、ラウロイル乳酸Na、ローズマリー葉エキス、カミツレ花エキス、セラミドNP、(VP/ポリカルバミルポリグリコール)エステル、セラミドAP、フィトスフィンゴシン、コレステロール、加水分解ゴマタンパクPGプロピルメチルシランジオール、アセチルヘキサペプチド-8、セラミドEOP、プルラン、ポルフィリジウムクルエンタムエキス、カルボマー、エチルヘキシルグリセリン、フェノキシエタノール

-成分

執筆者:

関連記事

no image

ベントナイトとは危険?リンキーフラットの成分

リンキーフラットにはたくさんの成分が含まれてるのです。 その中で私が気になるのが【ベントナイト】です。 ベントナイトと検索するとベントナイトとは危険、と出てきました。え~危険なものが入ってるの?って思 …

no image

フィトスフィンゴシンとは 化粧品に配合する効果と副作用

フィトスフィンゴシンとは フィトスフィンゴシンという成分はリンキーフラットに配合されてるものです。他の化粧品でも見かける成分名なのですが、ヒアルロン酸やコラーゲンのように知名度が高くないので気になりま …

no image

リンキーフラットに入ってるカラスムギ殻粒エキスの副作用が気になる

リンキーフラットを塗るとピーンとなるのはフィルムスムーサーという成分が入ってるからです。フィルムスムーサーは1種類ではありません。その中の一つカラスムギ殻粒エキスについて副作用がないのか気になったので …